5年前の4月、2人の若者が起業しました….

2人の若い起業家は同じ大学の卒業生。若い起業家にはいくつか共通点があり、どちらも男性で、学生時代の成績は中クラス、どちらも社交的で仕事も熱心に取り組んでいました。

この2人が最近、同窓会に出席することになりました。彼らは二人とも結婚しており、子供が2人います。彼らは2人とも顧客の評判も良く、2人とも自分の仕事を楽しみながら働いていました。

ただ、一つだけ違う点がありました。一人は毎日12時間以上働き、休みも週1日取るのがやっと、年収も500万円ほどで、妻はパートの仕事をして家計を助けていました。

もう一人は、1日4時間程度の仕事、年に数回の長期休暇を取り家族と楽しく過ごします。彼の年収は5000万円以上、朝7時に出社し11時には仕事を終えスタッフに任せて事務所を出、その後は取引先や友人とのランチへ向かいます。彼の妻は事務所に1日1回顔を出すだけ、愛車のカイエンで子供の学校の送迎をし、他はスポーツクラブに通ったり、友人とランチを楽しんだりしています。

なぜ、こんなに違いが生まれたのか?

「なぜ、ほぼ同じ条件の人たちにこんなに差が生まれるのだろう?」そんな風に思いませんでしたか?生まれつきの才能?能力?努力がその原因なのでしょうか?一方が仕事を一生懸命行い、もう一方がいい加減に仕事をしていたわけではありません!

前者は毎日一生懸命に働き、仕事中に終わらないときは家に帰ってからも仕事をしていました。経費を節約するため全ての仕事を自分で行いました、経理・宣伝・分からない場合は講習会に行き……

もう一人は自分の得意な仕事を集中して行い、自分の得意な仕事のスキルアップのために講演会・WEBセミナーに参加しました。顧客の情報も詳しく集め。それを活かすために専門家のアドバイスを聞いたり、コンサルタントを雇ったりしました。とにかく自分の得意な分野以外は積極的に業務委託・外注化をしました。

ビジネスチャンスを逃してませんか?

税理士、司法書士、ホームページの製作・維持管理、広告代理店を外注に任せた後者の若い起業家は自分の仕事にコミットすることでどんどん事業を拡大しました。経費はかかりましたが、かけた分以上の効果がありました。色んな会社の経営者との交流も増えつつ自分が仕事にかける時間は少なくても済むようになりました!

前者の若い起業家は苦手な専門外の仕事に時間を使い、本業の時間を減らして成長のチャンスを逃していました。やらない事を決めずになんでも自分でやってしまい、妻と2人で細々と仕事をしています。あなたはどちらを選びますか?

 

インターネットを使いこなしてますか?

会社にホームページがない

ホームページはスタッフが仕事の合間に作っている

1ヶ月以上書き込みをしていない

ホームページに求人ページがない

個人の会社用のメールアドレスがない

出退勤管理はタイムカードを使っている

日報は手書きでしている

 

⬇2つ以上当てはまった方は下のフォームからお問い合わせください!

⬇IT化・HP制作お問合わせはこちらから!